水産研究所 百島庁舎

瀬戸内海は昔は稚貝を放流しなくてもたくさんのアサリが採れたようですが、最近ではさまざまな影響で少なくなってしまったようです。

水産総合研究センターでは、瀬戸内海のアサリなどの二枚貝の分布状況や、どのような場合に減り、どのようにしたら増えていくかなどの研究をしているようです

百島内では、百島小学校と合同で泊干潟でのアサリの飼育をしています。
エイ・魚類・カラスなどに食べられないようにネットをかけたり、柵を作るなどして、生息数や分布などの調査実験をしています。